03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

めんどくさいやつ 

私が求めているのは単なるわがままなの。完璧なわがまま。
たとえば今私があなたに向って苺のショートケーキが食べたいって言うわね、
するとあなたは何もかも放り出して走ってそれを買いに行くのよ。
そしてはあはあ言いながら帰ってきて「はい、苺のショートケーキだよ」ってさしだすでしょ、
すると私は「ふん、こんなのもう食べたくなくなっちゃったわよ」って言ってそれを窓からぽいと放り投げるの。
私が求めているのはそういうものなの。
女の子にはね、そういうのがものすごく大切なときがあるのよ。

苺のショートケーキを窓から放り投げることが?

そうよ。私は相手の男の人にこう言ってほしいのよ。
「わかったよ、僕が悪かった。君が苺のショートケーキを食べたくなくなることくらい推察するべきだった。
僕はロバのウンコみたいに馬鹿で無神経だった。
おわびにもう一度何か別のものを買いに行ってきてあげよう。何がいい?チョコレートムース、それともチーズケーキ?」

するとどうなる?

私、そうしてもらったぶんきちんと相手を愛するの。


村上春樹さん著書「ノルウエーの森」のなかにあった話。
女の子の気持ちを書いたものだけのど、読んだ時すごく共感できた。
スポンサーサイト

[edit]

« VD  |  )・○・(ニヤニヤ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://freestyle5.blog25.fc2.com/tb.php/642-997cdca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。